大学病院の薬剤師の求人・トップページ > 30代向けの大学病院の薬剤師求人

30代向けの大学病院の薬剤師求人

薬剤師は全体的に転職が多い職業と言えますが、中でも30代の転職率は他の職種と比べてもとても高い数字となっています。10年近い実務経験を積んでいて、専門知識はもちろんのこと対応能力や接客技術など、中堅クラスのスキルを持つようになっていますので、多くの企業や医療機関がしっかりとしたスキルを持つ薬剤師を求めているからです。その求人に対応するように、自分のスキルを評価してもらってより良い条件で採用してくれるところへの転職を考える人も増えてきます。

この傾向は大学病院の薬剤師求人にも表れています。もちろん、具体的に30代と指定して求人を行うことはほとんどありませんが、実務経験が7年以上ある薬剤師など、経験年数の指定があることによって、実質30代の薬剤師を求めていることを伺わせる求人が多く見られます。大学病院を始めとする医療機関では、即戦力となる実務経験が豊富で、体力にも余裕のある30代の中堅クラスはとても重宝される存在なのです。そのため、雇用条件も比較的良い求人が多くなっています。もちろん、大学病院という運営システムの特性上、一般の民間病院のように基本給が高い基準になっていることはありませんが、安定した収入が得られるというメリットがあります。また、ボーナスの支給額も高水準となっていますので、しっかりと稼ぎたいという人にもぴったりの雇用条件が提示されています。

なによりも、薬剤師としてやりがいを十分に感じられる業務が用意されているという魅力があります。病院勤務の薬剤師にとって、患者さんに直接対応して様々な症例に当たれるというのはとても貴重な機会となります。その点、大学病院での薬剤師の仕事は理想的な環境と言えますし、経験を積んで体力的にもベストな状態の30代であれば、より多くの経験を積むことができるでしょう。しかも、チームのリーダーとして働く機会が与えられることも多いので、今まで培ってきたスキルと経験を遺憾なく発揮できる場が提供されることになります。大学病院という最新の医療が体験できるところで経験を積むことで、さらにキャリアアップできるのも大きなメリットと言えるでしょう。

このように、30代の薬剤師には求められることも多いので、当然採用の際の人事担当者の見る目も厳しくなります。転職活動をする際には、今まで磨いてきてスキルをしっかりとアピールできるように、入念に準備を重ねて人事担当者の心に訴えることができるようにしましょう。