大学病院の薬剤師とは?仕事内容は?

薬剤師の仕事も病院の薬剤部や調剤薬局やドラッグストアなどで働く場合と、製薬会社で新薬の研究開発や臨床開発を行ったりMRとして病院向けの医薬品の営業を行ったりする場合と大きく2つに分かれています。病院の薬剤部や調剤薬局では薬剤師のおもな仕事内容は調剤ですが、ドラッグストアなどで働く薬剤師はOTC薬剤師と呼ばれています。

OTCとはOver The Counter Drugの略語のことで、わかりやす言えば医師の処方がなくてもドラッグストアで販売できるお薬のことです。薬事法が改正されてから、薬剤師がいないドラッグストアでは販売できる薬品が制限されるようになりました。そのためドラッグストアでは薬剤師を雇用し、ドラッグストアで働く薬剤師はOTC薬剤師と呼ばれて薬の調剤を行う必要がありません。

製薬メーカーのMRとは病院を廻り、医師や薬剤師に自分の会社の医薬品を売り込む営業職です。特に薬剤師の資格がなくてもMRはできますが、製薬業界の動向や新薬情報やさらに他社の医薬品の情報まで説明する必要があります。そのため医薬品の知識がある薬剤師が製薬会社でMRとして働いている場合が多々あります。

また病院の薬剤部も民間病院の薬剤部と、大学病院の薬剤部とに分類されます。大学病院で働く薬剤師の場合はもちろん調剤が基本になりますが、民間病院の薬剤部で働く薬剤師や調剤薬局の仕事内容とは若干異なります。大学病院の医師の指示に従って患者さんのために薬の調合を行いますが、大学病院で働く薬剤師は入院している患者さんのカルテを持って実際に患者さんに接することもあります。

また逆に医師に対して患者さんに処方する薬に関するアドバイスを行い、薬の投与による事故を防ぐという役割も大学病院で働く薬剤師の大事な仕事です。これは製薬会社のMRが売り込む新薬は臨床実験で薬の安全が確認されていると言っても、患者さんの症状によっては思わぬ副作用が起きたり効能が見つかることがあるからです。

大学病院では患者さんの数も多いので、患者さんに処方する薬の効能などの説明するのも大学病院で働く薬剤師の仕事です。大学病院は民間病院と比べると病床数が多く、患者さんの不安を解消するために医師や看護師に代わって服薬指導なども行います。さらにこれだけではなく大学病院では、製薬メーカーの依頼で新薬の開発をしたりします。

このように大学病院で働く薬剤師の仕事は多岐に渡っています。もし大学病院で薬剤師として働きたいのであれば、薬剤師の転職支援サイトに登録されては如何でしょうか。専任のコンサルタントやアドバイザーがいろいろと相談に乗ってくれるはずです。転職サイトランキングでは、大学病院の求人案件も豊富に扱っている、リクナビ薬剤師が1位に輝いています。


>>全国の大学病院の薬剤師の転職情報を無料で提供してくれる「リクナビ薬剤師」<<

大学病院の薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師
  • ・大学病院の薬剤師の求人情報ならリクルートグループが運営する「リクナビ薬剤師」!
  • ・「薬剤師求人バンク」から「リクナビ薬剤師」に生まれ変り、大学病院の求人案件も充実!
  • 求人案件数も3万5千件と、ダントツの業界ナンバーワン!もちろん大学病院の求人も豊富!
  • ・薬剤師の新卒採用情報も「リクナビ薬剤師」なら、企業から大学病院まですべてを網羅!
  • ・大学病院の薬剤師への転職も、専任のキャリアアドバイザーが貴方の求職活動をサポート!
  • ・大学病院への転職のノウハウなど、貴方の疑問や不安をキャリアアドバイザーが解決!
  • ・薬剤師の大学病院への就職や転職支援サイトとして、人気上昇中の「リクナビ薬剤師」
  • ・気になる大学病院の薬剤師求人情報も非公開求人案件も登録するだけで無料でゲット!

詳細はこちら

マイナビ薬剤師
  • 求人利用者の94%が満足!「マイナビ薬剤師」なら大学病院への就職や転職も安心!
  • ・大学病院の転職や求人なら、日本最大級の薬剤師転職支援サービス「マイナビ薬剤師」。
  • ・カンタン登録1分!専任のキャリアコンサルタントが大学病院への転職をサポートします。
  • ・「マイナビ薬剤師」の人気の秘密は、 満足のできる就職や転職をサポートするからです。
  • ・大学病院などの求人情報は非公開!登録するだけで、お宝求人案件をご紹介します。
  • ・医療機関の情報収集力はピカイチ!だから大学病院の薬剤師求人情報も随一!
  • ・キャリアアップを図るなら大学病院の薬剤師!大学病院の求人は「マイナビ薬剤師」!
  • 厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス!だから大学病院も安心して求人依頼!

詳細はこちら

ヤクステ
  • ・大学病院への就職や転職を考えるならば、離職率がわずか1%以下の「ヤクステ」が安心!
  • ・薬剤師の転職支援サイトの中でも、離職率がわずか1%以下の秘密は妥協しない姿勢!
  • 妥協のない転職ができると好評の「ヤクステ」。大学病院への就職や転職は業者選び次第!
  • 丁寧なコンサルティングは、大学病院への就職や転職が決まった薬剤師も納得のサポート!
  • ・薬剤師業界専門のマーケティングスタッフが大学病院の薬剤師求人情報をもれなく収集!
  • ・マーケティングスタッフとコンサルタントがチームで、大学病院への転職をサポート!
  • ・ヤクステの強みは薬剤師専門のマーケティングスタッフとコンサルタントの最強タッグ!
  • ・あなただけにリクルーティング。担当が全力で大学病院への就職や転職を完全サポート。

詳細はこちら

大学病院の薬剤師の募集先の探し方

薬剤師になるには薬剤師資格の国家試験に合格しなければなりませんが、それにはまずは受験資格を得なければなりません。これまでは4年制大学の薬学部を卒業することで自動的に薬剤師国家試験の受験資格が得られていましたが、平成18年に法律が改正され6年制の薬学部を卒業しないと薬剤師の受験資格が得られなくなりました。

ただ今でも4年制大学の薬学部は存在していて、薬学部を卒業したあとに製薬会社などに就職して新薬の研究開発や臨床開発を行ったりはできます。もしこれから将来、大学病院の薬剤師になろうと思っているなら、6年制の薬学部を卒業しないといけません。さらに薬学部の学費は国公立か私立大学によっても異なりますが、一般的に医学部並みに高いのが普通です。

またすでに民間病院の薬剤部や調剤薬局で働いていたり、製薬会社で新薬の研究開発や臨床開発を行っている薬剤師の方のなかには大学病院の薬剤師として働きたい方もいるはずです。大学病院で働く薬剤師の仕事内容は、一般の民間病院や調剤薬局での仕事とは大きく違います。

一般の民間病院や調剤薬局であれば極端に言えば薬の調剤だけをやっていればいいのですが、大学病院で薬剤師として働く場合にはそういうわけにはいきません。薬の調剤はもちろん、患者さんに薬の効能や説明なども行います。また時には大学病院で働く医師に対して、患者さんに処方する薬の指示をすることさえあります。これだけではなく大学病院での薬剤師の仕事は、製薬会社の依頼で新薬の開発をしたり臨床試験を行なったりもします。このように大学病院での薬剤師の仕事は薬の調剤だけでなく、実にさまざまな仕事に携わることになります。それだけに薬剤師として多くの経験を積むことができ、自分のキャリアアップにも役立ちます

しかしその一方で大学病院での仕事は一般の民間病院とは違い病床数も多く、患者さんの数に対して看護師の人員も少ないために仕事の量が多いのも事実です。大学病院の薬剤師の募集先の探し方ですが、各大学病院のホームページの職員募集に薬剤師の募集が掲載されています。ほとんどの大学病院で、薬剤師の募集を常時行っています。

もうひとつの探し方は、薬剤師の転職支援サイトに登録する方法です。実は大学病院でも、薬剤師の求人募集を薬剤師の転職支援サイトに依頼しています。しかしそのほとんどが、非公開の求人案件になっています。そのため薬剤師の転職支援サイトで、見かけることはあまりありません。興味がある方は1度、リクナビ薬剤師などの薬剤師の転職支援サイトに登録してみては如何でしょうか。


大学病院の薬剤師に強い求人サイトは?

薬学部生の方や今は民間の病院や調剤薬局で働いている薬剤師の方のなかにも、大学病院に勤務を希望する方も多いはずです。大学病院の薬剤師の募集先の探し方も各大学病院のホームページに掲載されている職員募集や、ハローワークや求人誌などいろいろあるとは思います。しかし残念ながら大学病院や官公立病院の、薬剤師の求人募集はハローワークや求人誌などではほとんど目にしません。

ではどうやって大学病院の薬剤師の募集先を探せばいいのかというと、大学病院と繋がっている薬剤師の転職支援サイトで探すのが1番簡単で確実だと言えます。薬学部生を卒業予定の新卒の場合、大学病院のホームページを通じて応募しても採用される可能性は高いと思われます。

しかし転職の場合、そうはいきません。転職を希望する薬剤師の方が大学病院のホームページを通じて応募しても、競争率が高くてまず採用される可能性は低いと思われるからです。ではなぜ薬剤師の転職支援サイトで探すのが、1番カンタンで確実だと言えるのかはこれらのサイトでは大学病院の求人案件のほとんどが、非公開になっているからです。

ただすべての薬剤師の転職支援サイトが、大学病院の求人案件を持っているのではありません。やはり大学病院としっかりとした太いパイプで繋がっている、薬剤師の転職支援サイトだけが大学病院の求人案件を持っています。具体的にはズバリ、「リクナビ薬剤師」・「マイナビ薬剤師」・「ヤクステ」の3つのサイトです。

これらの3つのサイトには幾つかの共通点があります。それは厚生労働大臣が認可した、薬剤師転職サービスであることです。厚生労働大臣が認可したということは、それだけしっかりした会社が運営しているということを意味します。たとえば「リクナビ薬剤師」はリクルート系列会社が運営する薬剤師転職サービスで、「マイナビ薬剤師」は熊本や福岡で15店舗の調剤薬局を運営している株式会社ドラッグミユキです。 また「ヤクステ」を運営している会社は、ヘッドハンティンググループとして創業した株式会社グローアップです。

大学病院の求人案件は、やはり少し特殊です。これらの3つの薬剤師転職サービスに共通していることで見逃せないのは、求人の依頼主である病院や調剤薬局との信頼関係がとても強いという点です。それと仕事を探している、薬剤師の方からの信頼も高いといことです。初回登録で具体的な大学病院の求人が見れますのでまずはお気軽にご利用下さい。